園の特徴

  • HOME »
  • 園の特徴

保育方針

先ず、次のような仏教保育の綱領を、その基本としております。

保育方針

慈心不殺(じしんふせつ)
生命尊重の保育を行おう。

仏道成就(ぶつどうじょうじゅ)
正しきを見て、絶えず進む保育を行おう。

正業精進(しょうぎょうしょうじん)
よき社会人をつくる保育を行おう。

乳幼児期は、人間形成の基礎を築く大切な時期であります。
そのためにも基本方針をもととして、子どもたちの発達の道筋を正しくとらえ、それぞれの個人差や環境に充分配慮し、集団生活を通してすべての面での発達を促進させるような経験を豊かに展開させねばなりません。
また、保育園で大半を過ごす子どもたちにとって、保育は常に安定感をもって充分活動できるようにし、養護と教育が一体となって豊かな人間性を持った子どもに育つように努めます。

特に夜間保育の方針として
家庭的雰囲気の醸成に努め受容養護を専らとし、子どもたちと職員が和やかに時間を過ごすことに努めます。

園の保育目標

命を大切にし、正しく生きぬくカを持つ子ども
園の保育目標

1.身のまわりのことが、できる子ども
2.元気な子ども
3.考える子ども
4.思いやりのある子ども

保育の方針・目標は以上の通りですが、その職務の重大さに比べ、仏さまの前に出れば、園長始め職員一同、我が身の至らなさを常に気づかされるばかりです。

このような思いから、仏教保育の指し示すところによれば―

  • 子どもたちは、みんな大切な“仏さまの子ども” であることを信ずること。
  • そのひとりひとりは、みんな違う特性を持つことを認めねばならないこと。
  • そのそれぞれを守り(―このことが保育・養護となります)、それぞれの特性を引き出し伸ばすこと(―このことが教育となります)に努め、そのためには子ども同士の間で決して比べたりせず、その成長を待つこと、しんぼうすることが大切。
  • こうしたなかで、子どもたちと私たち、保護者の皆さま方と私たち、或いは私たち同士もぶつかり合うこともあろうけど、それは互いに出合って響き合い、磨き合うもの(―このことが共育となります)であること。
  • そのことは、実はお互いに生かし生かされ合っているものであること(―このことが共生となります)

以上のことが知らされてまいります。

子どもはみんなすばらしい“仏の子”であることを信愛し、未熟な私たちではありますが、保護者の皆さま方のご理解とご協力のもと、ともどもに子どもたちと一緒に互いに育ち合っていきたいものと念じております。

仏教保育1年間のねらいを下記のように定め、保育を行います。

ねらい

4月

合掌聞法-がっしょうもんぽう
(ともだち)

入園・進級を喜び園生活に親しもう。

5月

持戒和合-じかいわごう
(やくそく)

規則を守り、集団生活を楽しもう。

6月

生命尊重-せいめいそんちょう
(かわいいな)

生きものを大切にしよう

7月

布施奉仕-ふせほうし
(しんせつ)

だれにも親切にしよう。

8月

自利利他-じりりた
(できるかな)

できることは進んでしよう。

9月

報恩感謝-ほうおんかんしゃ
(ありがとう)

社会や自然の恵に感謝しよう。

10月

同時協力-どうじきょうりょく
(あなたもね)

お互いに助け合う。

11月

精進努力-しょうじんどりょく
(がんばろう)

最後までやりとげよう。

12月

忍蓐持久-にんにくじきゅう
(うれしいな)

教えを知り、みんなで努め励もう。

1月

和顔愛語-わげんあいご
(なかよし)

寒さに負けず、仲よく遊ぼう。

2月

禅定静寂-ぜんじょうせいじゃく
(かんがえよう)

よく考え、落ち着いた暮らしをしよう。

3月

智慧希望-ちえきぼう
(おおきくなったよ)

希望を持ち、楽しく暮らそう。

高松保育園
〒760-0044 高松市御坊町2-2
(高松保育園)
TEL:087-821-9347
(高松第二保育園)
TEL:087-821-5241
FAX:087-851-0857
PAGETOP
Copyright © 高松保育園 All Rights Reserved.